コサキンを聴く
 | top | 現ネット局 | 受信方法 | 色々な方法 | 企画物 | 周波数 |
 | ネット変遷 | ラジオ欄 | TBS深夜帯 | 夜ワイド | Link |


◆ネット局の部屋◆
 2009年春改編でコサキンは終了しました。


コサキンを聴きたい!!

ネット局は各地に
 コサキンのネット局はJRN(ジャパンラジオネットワーク)系で週末の深夜に放送されています。
 長年、水曜深夜に放送されていましたが、2004年10月からお引っ越し。改編期毎にネット局が復活&増加&終了など変動しています。TBSラジオでは土曜深夜24時から、各ネット局では異なった時間に放送されています。2008年秋改編では、土曜に信越放送(長野)で20時から、長崎放送/NBCラジオ佐賀で21時から(但し一週遅れ)、TBSラジオでは24時から、RBC−iラジオは25時から放送されています。日曜には山形放送は21時から、北日本放送(富山)は22時から、和歌山放送は22時30分から、北陸放送(石川)と高知放送は23時から、HBCラジオ(北海道)は25時から、月曜には山梨放送と福井放送は20時から、南海放送(愛媛)は21時から、火曜には山陽放送(岡山)は23時から、水曜には静岡放送で21時から放送されます。
 なお、2004年9月までネット局だったRKB毎日放送(福岡)については残念ながらネット打ち切りになっています。このため九州近辺では土曜日は長崎放送(一週遅れ)とTBS、日曜はHBC、月曜に南海放送、火曜に山陽放送での遠距離受信が標準的なパターンとなりそうです。なお、同じく打ち切りとなった琉球放送(沖縄)は半年のネット無しを経て、めでたく復活しました。さらに2007年春には10年ぶりに山陽放送(岡山)でネットが復活しました。

2009年春改編情報
 2008年春改編でコサキンは終了しました。


 以下のネット局送信所一覧は最終シーズンとなった2008年10月時点の情報です。

《ネット局 分布図&周波数一覧》
放送局分布図

放送局名 局名 周波数 出力 局名 周波数 出力
北海道・北海道放送(HBC)
 放送時間:日曜25:00-26:00
根室 801kHz 100W 江差 1269kHz 1kW
北見 801kHz 100W 帯広 1269kHz 5kW
苫小牧 801kHz 100W 札幌 1287kHz 50kW
遠軽 801kHz 100W 稚内 1368kHz 1kW
旭川 864kHz 3kW 釧路 1404kHz 5kW
室蘭 864kHz 3kW 網走 1449kHz 5kW
遠別 864kHz 1kW 名寄 1494kHz 1kW
函館 900kHz 5kW 留萌 1557kHz 100W
北檜山 1098kHz 100W      
山形・山形放送(YBC)
 放送時間:日曜21:00-22:00
山形 918kHz 5kW 鶴岡 918kHz 1kW
米沢 918kHz 1kW 酒田 918kHz 500W
新庄 918kHz 1kW 小国 918kHz 100W
東京・TBSラジオ
 放送時間:土曜24:00-25:00
東京 954kHz 100kW      
東京(エリア限定):デジタルラジオ203ch(試験放送)
山梨・山梨放送(YBS)
 放送時間:月曜20:00-21:00
甲府 765kHz 5kW 富士吉田 765kHz 1kW
大月上野原 765kHz 1kW      
長野・信越放送(SBC)
 放送時間:土曜21:00-22:00
  (一週遅れ)
松本 864kHz 1kW 伊那 1098kHz 100W
長野 1098kHz 5kW 諏訪 1197kHz 100W
上田 1062kHz 100W 軽井沢 1485kHz 100W
飯田 1098kHz 1kW 佐久 1458kHz 100W
富山・北日本放送(KNB)
 放送時間:日曜22:00-23:00
富山 738kHz 5kW 高岡 738kHz 1kW
新川 80.1MHz 50W      
石川・北陸放送(MRO)
 放送時間:日曜23:00-24:00
金沢 1107kHz 5kW 輪島 1107kHz 100W
七尾 1107kHz 1kW 山中 1485kHz 100W
福井・福井放送(FBC)
 放送時間:月曜20:00-21:00
福井 864kHz 5kW 敦賀 1557kHz 100W
小浜 1557kHz 100W      
静岡・静岡放送(SBS)
 放送時間:水曜21:00-22:00
掛川 1062kHz 100W 静岡 1404kHz 10kw
浜松 1404kHz 1kw 御殿場 1404kHz 100W
佐久間 1404kHz 100W 天竜 1404kHz 100W
水窪 1404kHz 100W 春野 1404kHz 100W
龍山 1404kHz 100W 三島 1557kHz 100W
熱海 1557kHz 100W 富士宮 1557kHz 100W
和歌山・和歌山放送(WBS)
 放送時間:日曜22:30-23:30
日置川すさみ 1233kHz 300W 橋本 1485kHz 100W
田辺白浜 1233kHz 100W 高野山 1485kHz 100W
串本 1431kHz 100W 新宮 1557kHz 100W
和歌山 1431kHz 5kW 御坊 1557kHz 100W
岡山・山陽放送(RSK)
 放送時間:火曜23:00-24:00
岡山 1494kHz 10kW 津山 1494kHz 1kw
新見 1494kHz 1kw 備前 1494kHz 1kw
落合 1494kHz 1kw 高梁 1494kHz 1kw
笠岡 1494kHz 100w      
愛媛・南海放送(RNB)
 放送時間:月曜21:00-22:00
松山 1116kHz 5kW 大洲 1116kHz 100W
宇和島 1116kHz 1kW 御荘(愛南) 1116kHz 100W
新居浜 1116kHz 1kW 八幡浜 1116kHz 100W
高知・高知放送(RKC)
 放送時間:日曜23:00-24:00
高知 900kHz 5kW 土佐清水 1395kHz 100W
中村(四万十) 1197kHz 1kW 須崎 1557kHz 100W
宿毛 1395kHz 100W      
長崎・長崎放送/NBCラジオ佐賀
 放送時間:土曜20:00-21:00
  (一週遅れ)
平戸 1062kHz 100W 諫早 1233kHz 100W
佐世保 1098kHz 1kW 五島 1431kHz 1kW
伊万里 1116kHz 100W 佐賀 1458kHz 1kW
長崎 1233kHz 5kW 唐津 1458kHz 100W
島原 1233kHz 100W 有田 1458kHz 100W
沖縄・RBC-iラジオ(琉球放送)
 放送時間:土曜25:00-26:00
那覇 738kHz 10kw 南大東 81.4MHz 100W
多良間 82.2MHz 3w 伊良部 82.7MHz 100W
名護 82.6MHz 100W 祖納(竹富島) 83.9MHz 10W
国頭 88.8MHz 100W 石垣 89.0MHz 100W
与那国 84.7MHz 10W      

各ネット局別受信状態寸評

・北海道放送(HBCラジオ) 同局公式ページ
 札幌本局(1287kHz)は東日本全般および日本海沿岸の広い範囲で良好に受信出来ます。関東ではフェーディング(電波到達ルート変化での干渉で起こる、音が小さくなったりする現象)が時々起こるものの、番組を充分に楽しめる強さです。このほか函館局(900kHz)や帯広局(1269kHz)など本局の大出力に隠れますが、5kWと出力があり、かなりの範囲へ電波が届いている中継局があります。
 なお、札幌局のみAMステレオ放送です。(ネット回線もステレオ対応しているためコサキンもステレオで聞けます。)

・山形放送new! 同局公式ページ
 山がちな地勢という悪条件を考慮すると比較的電波は飛んでいるほうです。親局・中継局とも同じ周波数で、宮城・福島会津地方など南東北・秋田を中心に電波が広がっています。

・東京放送(TBSラジオ)update! 同局公式ページ
 国内に同周波数の放送局が無く、本州を中心としたかなりのエリアへ届いているものと思われます。前後の周波数に秋田放送・宮崎放送・NHK青森・米子・松山などがあり、それらに近い場合はHBC・山陽放送・南海放送などを受信するのがベストです。ただしいずれも5kW以下であり、ラジオの向き(=アンテナ)さえ考慮すれば地元以外ではあまり影響はないと思われます。また、韓国語の放送が混入してくる場合はラジオの選択能力が劣っている場合もあり、他のラジオでの受信を試みるのをお勧めします。中国語の場合は同周波数による放送なので、ラジオの向きで中国語の放送局が弱くなるようにして回避するか、他のネット局を受信すべきでしょう。AMステレオ放送です。
 コサキンとしては2008年10月(TBSラジオとしては9/29〜)から、試験放送を実施している「デジタルラジオ」での同時送信が始まりました。受信地は東京タワーを中心とした近辺に限られますが、高層ビルの影響などでAM954kHzの受信状況が悪い場合、こちらでの受信を試してみるのもいいかもしれません。対応機種はauの一部携帯、USBワンセグ受信機の一部機種です。なお、TBSラジオのサイトでは、2011年7月以降に送信周波数の変更予定があり、現行機種では対応出来ない場合があるようです。「ワンセグ対応」のみの機種では受信出来ません。また、大阪地区でのデジタルラジオ試験放送では放送されません。
TBSラジオデジタル(TBSラジオ内の案内ページ)
社団法人デジタルラジオ推進協会(DRP)(エリア案内、対応機種一覧など)

・山梨放送 同局公式ページ
 2004年の周波数統一+出力アップ以降、山梨県内で主に郡内にあった聞きづらい地域もほぼ解消。ただ、同周波数に山口放送などがあり、八王子・長野など山梨近県での受信がメインです。山梨県内でも500kW大電力で放送されているNHK秋田第二放送(774kHz)の影響を受ける場合があります。この場合、受信機の向きをいろいろ変え、影響が軽減される方向を見つけてください。

・信越放送new! 同局公式ページ
 山に囲まれた環境であり、長野局は新潟方面に抜けている感じですが、ほか県外での受信は厳しい条件となっています。

・北日本放送 同局公式ページ
 昔、コサキン増刊号と怪決アドレナリン時代に5年にわたってネットされた局の復活です。ただし電波の事情は厳しく、海を挟んだ朝鮮半島の電波によって混信に悩まされ、FMによる中継局もあるほどです。新潟や北陸地方など隣接他県でも受信するのは難しいかもしれません。ただ、新川FM中継局は高台にあり、県内の意外な広範囲に電波が届いています。

・北陸放送 同局公式ページ
 電波は日本海沿いに伸びている方ですが混信などが多く、基本的に石川県を中心とした日本海沿いの北陸地方で受信となります。

・福井放送 同局公式ページ
 親局・中継局とも同じ周波数に他のラジオ局があり、福井以外では受信が厳しい状況です。基本的に福井県を中心に、京都府北部や滋賀県北部などでの受信となります。

・静岡放送(SBSラジオ) 同局公式ページ
 静岡の県域局ですが、周波数1404kHzは高出力な静岡局10kWを始め、浜松局1kWなど同じ一周波数で放送されており、東海地方を中心に比較的電波の伸びは良くなってます。ただし、すぐ隣に大出力局があり、1413kHzのKBC九州朝日放送(福岡・50kW)、1422kHzのラジオ日本(神奈川・50kW)と場所によってはこれらの影響を受けるかもしれません。

・和歌山放送 同局公式ページ
 同じ周波数に岐阜放送があるなど、特に和歌山から東方面は厳しい受信環境です。和歌山県外では大阪府南部や徳島県東部など紀伊水道から大阪湾南部の沿岸地域が中心となります。和歌山局はAMステレオ実施局ですが、コサキンが対応するかは不明です。

・山陽放送(RSKラジオ) 同局公式ページ
 1997年以来、10年のブランクを経て復活した局です。比較的高出力の岡山局をはじめ、全局の周波数が1494kHzで統一されており、大阪をはじめ瀬戸内海沿岸を中心として、全国的に受信しやすい地域も多くなっています。岡山局と高梁局はAMステレオ実施局ですが、コサキンが対応するかは不明です。

・南海放送new! 同局公式ページ
 全局同一周波数放送で、瀬戸内海の対岸を中心とした広島南部、山口南部、香川西部、大分東部に電波が広がっています。大分では大分放送(1098kHz)と周波数が近いため(南海放送は1116kHz)、選択度(隣接周波数のラジオ局の影響をうける度合い)がいいラジオでの受信、もしくは大分放送の電波が弱くなる向きにラジオの方向を変えるなど工夫が必要な場合があります。(管理人は松山市内でPanasonic製のデジタル携帯ラジオで、逆に大分放送を受信した事がありますが、そんなに問題ない感じではあります。)

・高知放送 同局公式ページ
 1994年以来の復活局です。山にかこまれ南向きの太平洋に開けた地形は県外への電波の飛びを難しくしています。さらに高知局は同一周波数に島根・鳥取の山陰放送があるなど、中継局も含めて混信状況は悪く、高知県周辺での受信がメインとなります。

・長崎放送/NBCラジオ佐賀new! 公式ページ(長崎) 公式ページ(佐賀)
 九州では待望のネット局です。長崎局は比較的電波の伸びはよいものの、隣接周波数に大出力のニッポン放送(東京・100kW)があり、電波の弱い場所ではラジオの向きによって影響を受けない工夫が必要です。出力と混信状況から基本的に長崎・佐賀県を始め福岡西部・熊本を中心とした九州地方で受信となります。

・RBC−iラジオ(琉球放送) 同局公式ページ
 那覇本局(738kHz)は10kWと出力はあるものの、沖縄という距離的な関係もあって地元・沖縄と南九州方面以外では他のネット局と比べ受信はかなり難しいと思われます。那覇局の前後の周波数には、500kWもの出力を出すNHK札幌第二放送や、北日本放送・NHK熊本がありこの場合他局を受信する事をお勧めします。
 なお、沖縄本島中北部地域や先島諸島にFM中継局(モノラル放送)が設けられています。お住まいの方はそちらの周波数にあわせると、よりクリアなコサキンが聴けます。2007年4月には南大東島にもFM中継局が設けられました。


過去の改編情報
2008年秋改編情報
 2008年秋改編でのネット状況です。山形、長野、愛媛、長崎で新ネットです。(2008年10月3日現在)
2007年秋改編情報
 2007年秋改編でのネット状況です。山形、長野、和歌山、高知、長崎で新ネットです。(2007年10月1日現在)
2007年春改編情報
 2007年春改編でのネット状況です。長崎でネット終了、山梨・福井・岡山で新ネットです。(2007年4月3日現在)
2008年春改編情報
 2008年春改編でのネット状況です。新規ネット局はありません。(2008年4月6日現在)
2006年秋改編情報
 2006年秋改編でのネット状況です。石川と長崎・佐賀で新ネットです。(2006年10月7日現在)
2006年春改編情報
 2006年春改編でのネット状況です。今のところ新ネット局はありません。(2006年4月8日現在)
2005年秋改編情報
 2005年秋改編で変更があった局です。

表紙へもどる