コサキンを聴く
 | top | 現ネット局 | 受信方法 | 色々な方法 | 企画物 | 周波数 |
 | ネット変遷 | ラジオ欄 | TBS深夜帯 | 夜ワイド | Link |


◆色々な部屋◆
 2009年春改編でコサキンは終了しました。


ラジオ以外に聴く方法


110度衛星によるCSデジタル放送
 C-TBS版コサキンは2003年3月いっぱいで中止されました。

有線放送
 有線放送業界大手の「CANシステム」(同社ページ)では、その放送局エリアのみにラジオ再送信を行っています。(一部地域ではAMステレオ放送に対応。)地域はかなり限定されますが、放送局エリア内なのに良好に受信出来ない時など、一度お問い合わせされるのもいいかもしれません。(関東一都六県・山梨や北海道・福岡など)
 また、有線放送最大手の「有線ブロードネットワークス」(同社ページ)でもその放送局の該当エリア内再送信を行っています。(関東一都六県や北海道・福岡など)
 なお、1999年11月までは大阪有線放送(現在の「有線ブロードネットワークス」。2000年4月26日社名変更)の有線放送では、全国でTBSラジオが再送信されていましたが、諸般事情により終了しています。

放送エリア内の友達や親戚にテープなどを送ってもらう

使い捨て感覚ならダイエーの5本で498円の120分テープがおすすめです。
反転部分の空白がイヤならMDのモノラルモード(対応機種かつ留守録でもモノラルモードで録音出来る機種のみ・最大2時間40分、通常はステレオ最大1時間20分まで)があります。また、長時間録音可能なMDLP対応機種では、2倍モードで最大2時間40分、4倍モードで最大5時間20分までステレオで録音できます。やや音は悪くなる傾向があるようですが、番組を楽しむ分には問題ないと思われます。また、漫画家の秋本治先生も実践されているらしいビデオテープ(VHSで210分テープ使用の3倍モードでは最大10時間30分・8mmビデオは最大6時間・ベータでは最大5時間半)にとる方法があります。

 最近ではパソコンにラジオ音声を取り入れるやり方もあり、各種圧縮音声フォーマットを併用しながら長時間録音が出来ます。

海外では聞けない・・・・

 留学や海外勤務等で外国にいる場合、東アジアではなんとか日本のラジオの電波を受信できる可能性もあります。しかし大半の地域では受信が難しいと思われます。「海外にいるからもともと日本のラジオ局を受信しようなんて無謀だ・・・」などという理由であきらめられている場合で、インターネットへ接続できる方へは最終兵器もご用意しています。詳細については滞在している国名をお書きの上、管理人「田無し」までこちらのページからメールでお問い合わせください。



表紙へもどる